フランク三浦の時計を買ったら、さすがと言える説明書だった件

フランク三浦の時計、言わずと知れたフランクミューラーのパロディです。
あまりの面白さにはまってしまい、在庫が豊富という新宿のお店で買いました。
価格は4000~6000円程度です。買ってからさすがと思うのが説明書でした。
完全非防水、時間は狂います等、さすが関西商法と思う、文言が並んでいました。

裁判もフランク三浦が勝ったニュースもいい宣伝になり、売れているようです。
さすがに本家が控訴していますが。生産はもうしていませんが、この流れだと
プレミア感もでてきそうですね。

たしかに時計のデザインからするとコピーですが、ブランドロゴをわざと子供が
書いたようにしたり、説明書でチープ感をだし、本家と間違える訳がないという
戦略は見事です。結果裁判もフランク三浦をフランクミューラーと間違えて買う
ことは無いということでした。

挨拶代わりにフランクミューラー買っちゃたよ、てツカミ程度にご使用ください。

フランク三浦をしていると、やっぱり本家が欲しくなるのが人情だと思います。
その意味では本家にはプラスではないでしょうか。

コメントを残す