【お金の教育】子供が小学生になったらプリペイドカードを持たせよう

自分の子供にお小遣いを渡している人は、多いのではないでしょうか。

小学生になったら1,000円、中学生になったら3,000円…のように少しづつあげる金額を増やして、お金の使い方を大人になる前から覚えさせたい親は大勢います。

そんな中で現在は、クレジットカードや電子マネーによるキャッシュレスでの支払いが増えてきました。
特にクレジットカードは発行難易度が下がっており、申し込んだらその日のうちに手に入る即日発行のカードもたくさんあります。
(参考:クレジットカード 即日発行

現金支払いしか知らずに大人になり、よく考えずにカードを発行すると、何でもリボ払いにして借金地獄に陥る可能性もあります。

小さい頃からお金の教育をしたい親は、目に見える現金だけでなく、キャッシュレスの買い物も教えて、目に見えないお金の管理もできるようにしておくといいです。

クレジットカードは20歳になってからしか使えませんが、お金をチャージして使うプリペイドカードなら6歳から使用ものが多数あります。

お小遣いをプリペイドカードにチャージして渡して、お金の使い方を覚えてもらうのもひとつの手です。
カードは使った履歴を後から確認できるので、親からしても安心度が高いですね。